寒い季節、水分補給が疎かになりがちです。

夏は、発汗したりのどが渇いたりして、水分補給に気を付ける方も多いでしょう。
しかし、寒い季節には、おろそかになりがちです。

外気や、室内の暖房などにより乾燥しやすくなります。
体内の熱も落ち着いて、のどが渇く感覚もあまり起こらないので、
気づかないうちに、体から水分が蒸発していきます。

寒いので、冷たい水よりも、温かくして水分補給をすることをお勧めします。

せっかく飲むなら、体にいいお水を飲みたいですね!
そこで、ナチュラインから、カラダにより良い水をおススメいたします!

 

1.高アルカリ温泉水が、健康をサポート

生活習慣が乱れてくると酸性に傾いてしまいます。そこで注目したいのが、アルカリイオン水。
カラダが喜ぶ天然のアルカリイオン水、温泉水99をおすすめします!

温泉水99 500ml×24本入り 2箱人間の体は、赤ちゃんが約80%、成人は約60%が水でできています。
加齢で水分の保持能力が落ち、高齢になると体の水分量の割合は約50%まで低下します。
年齢を重ねると喉の渇きを感じにくくなり、自覚なしに水分不足に陥りやすくなります。

なので、定期的な水分を摂取する習慣が大事になってきます。
水分不足は、体の中の循環を悪くし、さまざまな病気を起こす可能性があるので注意が必要です。

せっかくなら、毎日飲む水は良質なものを選びたいところ。
温泉水99は「健康水」として、体の中から皆様の健康をサポートします。


2.ミネラル豊富で身体が喜ぶ天然の中硬水

汗をかくと、体のミネラル分が不足しがちです。
恵みの水は、硬度160mg/Lの中硬水で、まろやかで少し甘みのある味わいです。

カルシウムとマグネシウムの比率が2:1と、カルシウムを最も体に効率よく吸収できる、最も理想的なミネラルバランスと言われています。

霧島山麓に振った雨水が、約20年間の歳月を経て、地下183メートルから、毎日7000トンも自噴する天然のミネラルウォーターです。